読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サドベリースクールの卒業生たちは今

サドベリーを出た人たちの今を記事にしたり、自分を生きるとはどういうことなのか、日々考えながら書いてます。

「勉強」っていう概念そのものを疑い続けています。

 

こんにちは。スーザン(@HunterSussan) です。

 

「勉強」って何なんでしょうか。僕は小学校には6年通いながら、常に疑い続けていました。もちろんその後も、サドベリースクールに通いながら考え続けていました。

 

したくないのになんですんの?

役に立たないのになんですんの?

当たり前ってなに?

 

とは思うものの、やるからには100点を取らなければならない。って思ってました。というか、一応授業は受けてるわけですから、一回覚えたことを忘れるのが嫌だったんでしょうね。ほぼほぼ100点をとってました。やる理由が分かってなかったから全然嬉しくもなかったけど。

 

サドベリースクールにはカリキュラム(時間割)がない。ということでよく聞かれるのが、勉強するんですか?できるんですか?というやつです。

これ単体では実に浅はかな問いなんですが、そこから色々なことが起こります。「勉強するのは当たり前。疑ってはいけない。」という固定概念にサヨナラしたら、何かが始まるんです。考えましょう。自分なりの哲学しましょう。

 

サドベリーで聞かれて僕がよく言うのは、「公教育の教科学習という限られた観点での勉強は特にしないかもしれません。本人が必要と思わない限り。」という話です。詳しく書きますね。

 

実際に僕が見てきた範囲で例えてみます。

漢字が好きだからめっちゃ書く、

小説が好きだからめっちゃ読む、

計算好きだからそろばんする、

韓国語喋りたいから韓国人の先生呼んで喋ってみる、

野球好きだからめっちゃ練習する、

ギター弾きたいからめっちゃ練習する、

多くの友達と遊びたいからめっちゃ説得する、

パソコン作りたいから作り方学ぶ、

オンラインゲームで外国人とチャットしたくて英文を学ぶ、

遠足に行きたいから行き方調べる、

高卒認定試験を受けるから教科学習する、

大学受験するから受験勉強する、

一人暮らししたいから費用めっちゃ切り詰めて考える、

自分の人生が分からないからめっちゃ向き合う、

親が言うから仕方なく何となく勉強する、

勉強するのがサドベリーに通う条件だから勉強する、、、、

などなど色んなことが起こっていましたが、すべてに理由があるんですね。中にはくだらないのもいましたね。それも全部フラットに価値付けはされない中で本人が選んでるんですが。

 

よく見ると勉強してる子もいましたけど、「教科学習」という限られた観点での勉強というのは、多様な子ども達のあらゆる選択肢のあくまで一つなんです。

でも「勉強」という概念そのものをもっとよくよく考えてみると、自分に必要な経験を積むことを「勉強」と言えなくもないんじゃないかと思えてきます。

確かに勉強という言葉には、無理やり強いる、という意味も含まれていると思いますが、パティシエになりたいから製菓学校のことを勉強する。としたら強いられてはないですよね。

 

そういう意味では、サドベリーの活動中に知りたくなったことを知っていったり、必要なことを積み重ねていく、というのは実はとても熱心に勉強しているということなのかもしれません。

何事もよくよく考えていると一つの価値観に縛られる必要がなくなり、さらによくよく考えていると、自分なりの考え(哲学)が築き上げられていくと思うんです。

 

めっちゃ、ってめっちゃ書いたんですけど、これはすべての時間が本人の自由の中で何かやり始めたらとことん納得いくまでやってることが多いので強調してみました。笑

何事もゼロから自分と向き合うこと、よくよく考えることが好きで、常に考えたことを出し切るまで語り尽くしたいのが僕なんです。楽しいです。

 

おわり。

 

 

 

僕の親は、サドベリースクールを知らない。

こんにちは。スーザン(@HunterSussan)です。

 

親と子って何なんだろうなと日々考えていますが、ふと、僕の親は僕がしていることをほぼ何一つ把握していないなと思いました。

 

例えば、サドベリースクールに通っていたのに、親はサドベリースクールを知りません。笑

 

サドベリースクールに入るときは、僕が一人で見学に行って一人で入学を決めました。見学した帰りに家で「体験入学するわ。」と言って、体験入学した帰りに家で「入学するわ。」という感じです。

(弟が先に入学するときに母だけは同伴していたと思う。)

 

入学に関しては、親は申込書にサインをするだけで、決定権は完全に僕にありました。親は僕がサドベリースクールに入学することを検討していません。父に至っては、サドベリースクール、という単語すら覚えていないと思います。笑

 

子どもに興味がないのか、何も言わないのは無責任だろ。。。親らしくしてくれよ。。。なんて思うことも思春期にはありましたが、よくよく考えると、僕の人生を親にどうにかしてもらおうなんてのは甘えでしかありません。人と人なんだから。考えれば考えるほど、自分の未熟さが浮き彫りになりました。

 

親と子の人生は別物だ。ということを体現しているような両親でした。僕が実家を出るときの母は「心に穴が開くようだわ...」なんて言ったりもしてましたが。だからといってそれは子どもの人生と割りきっていたんだと思います。

 

もっというと、人前でも僕(と弟)のことを「この子」とか「子ども」とすら呼んでいなかった気がします。「この人」とか、名前でいつも呼ばれていた気がします。

 

この言葉で伝わるか分かりませんが、子育てをこうすればいいとかって方法論ではなく、信頼を体現しているような人なんです。まるで明日も太陽が昇るが如く、僕と弟の存在があるのです。

 

まとめると、僕は22年間親元にいましたが、子どもではなく、人として、育っていったんだろうなと思います。

 

今も両親はおそらく、僕の人生を全く知りません。僕が言いたければ言いますが、特に聞いてくることはないです。

でも、たまに電話したり手紙でやり取りがあると、節目節目で心に響く言葉をくれたりします。

 

子どものことを理解するとか、自由にさせるとか、何かを体験させる、ということ(方法)はあまり大事なことではなく、親と子の人生を人と人として、当たり前のように小さい頃から接してくれていたのが何よりのことだなと、親と子のことを考えるたびにひしひしと実感しています。

「子どもの頃の記憶」~人として当然の権利~

こんにちは。スーザン (@HunterSussan)  です。

 

連載企画「小学校編」を書いている途中で、別のことが書きたくなったので番外編として書きます。

 

「子どもの頃の記憶」~人として当然の権利~

みなさんは子ども時代の記憶がどれくらいありますか?

楽しかったこと、嬉しかったこと、恥ずかしかったこと、嫌だったこと、辛かった、苦しかったこと。色々ありますね。

僕は小学校ではかなりの優等生(大人に怒られることがないという意味で)だったので、ほとんど怒られたことがありません。そもそも僕の行ってた小学校はかなり平和で良い先生も多かったんじゃないかと思います。

それでも僕は、2年生、4年生、5年生のときの担任の先生にそれぞれ一度だけ怒られたことを鮮明に覚えています。ついさっきの出来事のように覚えています。

2年生の時は、ベルマークの回収日かなんかで、僕が忘れてきたんですね。そしたら「ふざけてんのか?…しっかりせぇ!!」とかなりの剣幕で怒られました。

4年生の時は、先生が忙しくてイライラしていて、日直だった僕が様子を伺っていたら「鈴木!日直やろ!仕事せぇ!!」と八つ当たり気味に怒鳴られました。

5年生の時は、プールに入るのが嫌すぎて(水中で鼻呼吸しちゃって水を飲みまくるから)、頭を掻きむしっていたら皮膚が荒れて皮膚科に【プール入れません証書】を貰ったと話したら「まさか、サボりたいから言うてるんとちゃうやろうな??」と威圧されました。

 

しかし関西弁は聞こえが悪いな…笑

 

全部めちゃめちゃ鮮明に覚えてます。当時はかなりショックを受けましたね。でもこれは一方的に先生が悪いとも、もちろん僕が悪いとも思いません。その人たちもとても良い先生な部分もありました。誰でも忙しい時はあるし、たまたま言っちゃったのかもしれない、たまたま僕が大きく反応しているだけかもしれない、覚えてないけど怒られてたこともあるかもしれない。相性であり、偶然です。

 

だから、一つ一つの出来事に良い・悪いという評価をするつもりもない(できない)んですけど、子どもの人としての当然の権利について、子どもに携わるすべての人に踏まえていただきたいことがあります。

 

家庭でも学校でも会社でもそうなんですが、「誰かが偉いから、従わなければならない」というのは民主主義の国において有り得ないことです。人はこの世に生まれた時から、好きなことを好きだと言い、嫌なことを嫌だと言う、言論の自由を持つ権利があります。行きたい所へ行き、行きたくない所へは行かない、行動の自由を持つ権利があります。

 

これは大人にとっても同じことで、つまりすべての人に、やりたいことをやって、やりたくないことをやらない権利があります。うるさい!黙れ!とか言って黙らせたり、「躾」とし称して手を上げるのは人権侵害なんです。

 

今の社会(学校)は、これらの権利が執行できない状況に溢れているなと感じます。忙しいから、お金・時間がないから、めんどくさいから、これが絶対に正しい(間違いだ)から、どうしたらいいのかわからないから…

だから人が人を否定する権利なんか無いのに否定しちゃったりするんです。自分で自分を否定することなんてできないのに自己否定しちゃったりするんです。意味も分からず否定して、必死に肯定肯定!って言ってセミナーやカウンセリングに足繁く通うんです。

ありとあらゆる思い込みと不安を抱えて、みんな生きているなと感じます。こうでなければならないが交差して重なると、最悪の場合、互いにナイフを突き付け合いながら折り合いを付けて生きている人もいるなとさえ感じます。

 

権利がない状況を作っている責任は、先生だけでも親だけでも、先の世代だけでも今の世代だけでもないと思います。大人だけでもなく、もちろん子どもだけでもありません。言い換えれば、社会全体の一人ひとりに責任(を担って変えていける部分)があると思います。

前述の思い込みや不安は、すべてが人生の中の一要因なので、もういくらでも選び直したり変えたりもできるし、ひしひしと味わったり忘れちゃったりすればいいんです。

 

学校教育に問題があるから変えるとかじゃなくて、生きとし生ける人々みんながそういう意識を持って社会を作っていくことができたら、必然的に学校教育も良くなっていくんじゃないかと僕は思っています。

この子どもの人として当然の権利を、侵害してしまう可能性があるかもしれないし、逆に100%侵害していないということも有り得ないかもしれない。ということを踏まえて、自戒を込めて、これからも携わっていきたいです。

 

 

 

「幼少期」~ほとんどのわがままを受け入れられて育った話~

こんにちは。スーザン (@HunterSussan) です。

ふと連載企画をしてみたくなったので、僕のほぼ四半世紀になる人生を振り返って、記事を書いてみます。

少し長くなるんですが、こんな育ち方をする人もいるんだということで、読んでくれたら嬉しいです。

 

「幼少期」
~ほとんどのわがままを受け入れられて育った話~

故郷を離れて働いていた両親が千葉県で出会い、初めての子どもとして僕が生まれますが、この頃の両親は非常に仲睦まじく、どんなロマンチックな映画の主人公よりも私達の方が幸せだ。と本気で思っていたそうです。

幸せの絶頂で生まれた僕は、専業主婦の母にずーーーーっと抱っこされて育ちました。覚えてるんじゃなくて聞いた話ですよ。少しでも離れて泣いたらすぐに抱っこしていたそうです。僕はそこから絶大な安心感を得ていたのではないか、この深い愛情が人生の基盤となっているのではないか、と推測してますが、これをやさしさだと捉えるか、甘やかしすぎだと捉えるか、いろんな見方ができるかもしれませんね。

ちなみに3歳のときに唯一の兄弟である弟が生まれます。兄弟で仲良く遊んだり、山に川に海にと本当によく遊びに連れて行ってもらってました。6歳までは親の繭の中でひたすら楽しく遊んでいたように思います。

 

続きを読む

「森のようちえん・小学部」という考え方について。

 

 

こんにちは。スーザンです。

 

先日、日本全国のデモクラティックスクール、サドベリースクール10校を巡る、「日本全国サドベリースクールツアー」を開催しました!

https://www.facebook.com/sudburytour/

 

その中で訪問した、「新田サドベリースクール」は、森のようちえんから派生して立ち上がった学校でした。

新田サドベリーがどうというよりは、全国的に増えている森のようちえんの可能性について、ダラダラ呟いていたら、ちょっとしたアイデアを思い付いたので、記事にしてみます。

 

僕は森のようちえん自体は好きでも嫌いでもないし、全然詳しくもないです。そもそも、森のようちえんについての話というよりは、新しいタイプの幼稚園・保育園全体的に言える話かもしれません。

 

 

 

 

これ、どうでしょう。幼稚園・保育園って、公民共に色々な方針のところがあるけど、小学校は一気に狭まりますよね。

それぞれの園の方針は、子どもに必要なものは何なのかという観点で色々作られてると思うんですけど、それって6歳以降にも通ずるんじゃないかなって思います。もちろん、そのまんまではなく、8歳なら8歳なりの、10歳なら10歳なりの、ということも要検討でしょうけど。

 

続きを読む