読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サドベリースクールの卒業生たちは今

サドベリーを出た人たちの今を記事にしたり、自分を生きるとはどういうことなのか、日々考えながら書いてます。

僕の親は、サドベリースクールを知らない。

こんにちは。スーザン(@HunterSussan)です。 親と子って何なんだろうなと日々考えていますが、ふと、僕の親は僕がしていることをほぼ何一つ把握していないなと思いました。 例えば、サドベリースクールに通っていたのに、親はサドベリースクールを知りません…

「子どもの頃の記憶」~人として当然の権利~

こんにちは。スーザン (@HunterSussan) です。 連載企画「小学校編」を書いている途中で、別のことが書きたくなったので番外編として書きます。 「子どもの頃の記憶」~人として当然の権利~ みなさんは子ども時代の記憶がどれくらいありますか? 楽しかった…

「幼少期」~ほとんどのわがままを受け入れられて育った話~

こんにちは。スーザン (@HunterSussan) です。 ふと連載企画をしてみたくなったので、僕のほぼ四半世紀になる人生を振り返って、記事を書いてみます。 少し長くなるんですが、こんな育ち方をする人もいるんだということで、読んでくれたら嬉しいです。 「幼…

親は子どもにとって、幸せの灯台みたいなものだ。

こんにちは。 スーザンです。 日本全国サドベリーツアー https://www.facebook.com/events/1816477385238981/?ti=cl の折り返しに、実家で一休みしています。母とカフェを巡ったり、弟とつけめん食ったり。 話は変わりますが、先日、祖父母の金婚式に行って…

子どもが生まれた瞬間に親も生まれる。

こんにちは。スーザン(@HunterSussan)です。 僕が親になったら。 親としては生まれてすらいない僕が偉そうに語りたいと思います。 子どもが生まれた瞬間に親も生まれているんだよね。18で産んでも40で産んでも活かせる可能性は違うけど、同じく0歳の親ってこ…

「一番目の真実の愛から産まれた子」

こんにちは。スーザン(@HunterSussan) | Twitterです。 もうすぐ僕の誕生日ということで、生誕のルーツを辿ってみようと思い、母に改めて僕の名前をつけた理由を聞いてみました。ちょっと恥ずかしいんですが、愛について、語ってみます。 唯一直感で、歩人(…

本音を出せていないと、自分が腐っていく気がする。

こんにちは。 本音を出さないと腐ってしまう病のスーザン(@HunterSussan) です。 地元を離れ、一人で孤独に苛まれまくりながら過ごしていた横浜時代の経験から、思うことがあります。 人は、本音を出さねばならぬ生き物である。 横浜時代は、仕事は忙しく、…

ダサい行為をやめて、超かっこいい生き方をしよう。

こんばんは。スーザン(@HunterSussan)です。 今僕は、バイト先で激ウマまかないを食べ、幸せに浸りながら家に帰ってテレビで野球ニュースを見ています。海鮮と旬の山菜の料理、ウマすぎます。 幸せやな~と漠然と思ったのですが、本当に幸せなのか?とふと思…

僕は我が子に必ず野球を、“やらせ”ます。

こんにちは。スーザン(@HunterSussan) です。 僕は野球が大好きです。 世界で一番楽しくて、素晴らしいスポーツだと断言できます。 僕は野球が大好きなので、もしも子どもが生まれたら、必ず野球をやらせようとすると思います。一緒にやりたい。野球の楽しさ…

公教育批判してる人ってゲームにハマってる子どもみたいな感じがする。

ふと思い付いたので、書きます。 公教育を批判してる人。まだまだ多いです。吐き出したい気持ちはわかるけど、必要以上の批判はやっぱりよくない。 嫌な思いさせられた相手には嫌な思いさせていいというのは、ウンコ投げ付けられたから他の人に投げ付けても…

恥ずかしいのは自分だった。

こんにちは。スーザンです。 昨日に引き続き、母について考えています。 母という存在について、ではなく、僕の母について、です。 思えば母のことを、“恥ずかしい人だ”と思っていた時期がありました。 母は知らない人によく声をかけました。迷うことなく人…

おかん、ありがとう。

こんにちは。スーザンです。最近バイト先で「かずまっくす」と呼ばれていたのが、「まっくす」になりつつあります。もはや誰のことなのか...母の日。兵庫の実家の母に電話しました。他愛もない会話でしたが元気そうで何より。今度お土産持っていきます。今か…

依存と支配が無くなったときが自由。

心の持ち方。 考え方や捉え方、価値観とも言えますが、この表現がしっくりきました。 ようは、心の持ち方なんじゃないですか。というお話です。 依存が引き起こすこと。 僕は小学校六年生まで、公立の学校へ行っていましたが、その間はずっと学校に依存して…

子どもを自由にさせて自分が恥をかく覚悟。

子どもを自由にさせることで、自分が恥をかく覚悟も無い人が、偉そうに親を演じてるのは滑稽にすら見える。 それでも僕は、全ての「真に子を育てたいと願っている」親御さんは、何よりも偉大だと思う。 何が良いのか、わからなくたっていい。 不器用でいい。

世代を越える想い。

こんにちは。スーザンです! 山梨に越してきて、地元のことを色々知っていきたいなと思い、面白そうなところを徘徊していて出会った学生さんとの会話が面白かったので、ブログで紹介がてら僕自身も振り返ってもう一度考えてみようと思います。 価値観は変え…

サドベリースクールに通ってみたかったと思ったことがある人へ。

信州は日本の中でも有数の冷え込みがあり、さらには八ヶ岳からの風で死ぬほど寒い日が続いていますが、今日は比較的暖かいです。暖かいだけで今日は幸せ、寒さに貧弱なスーザンです。 サドベリースクールのことを知って共感した人がよく言われるのが 「素敵…

愛情を注ぐコップの話。

喩えの話。 教育・子育て関係の話でよく出る喩えですが、親は注いでいるつもりでも、子どもが求めているコップとは違う所に注いでいて、すれ違いが生まれるみたいなやつ。そんなことありますよね。 消防隊のホースが如く とある親子の話ですが、そのお母さん…

親子の関係とはー自分の子ども時代を癒すー

この2日間は何かと、自分の子ども時代と向き合うことが多かった気がします。 初日は東京都八王子市で活動している、「さくらんぼ学園」を見学しに行きました。 時間割はなく子どもが自由に活動することができて、大人と子どは対等に関わるというところは共…