読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サドベリースクールの卒業生たちは今

サドベリーを出た人たちの今を記事にしたり、自分を生きるとはどういうことなのか、日々考えながら書いてます。

手っ取り早い一つの方法。

サドベリーを知ってもらうには 

 

今までにはなかった新しい価値観を知ってもらい
理解までいかなくても、存在を認めてもらうには

日常不断の努力で伝え続けていかなければなりません。

先人たちがそうやって伝え続けて今
サドベリー(デモクラティック)スクールは
広まりつつあると言っていいでしょう。

そんな苦労をものともせず(いやむしろ楽しんで)
僕たちに学びの場を提供してくれた大人たちには
いつまで経っても頭が上がりません。

 

今、そのスーパー大人たちを
僕たちが助ける番が来ています。

手っ取り早い一つの伝え方がある。

 

サドベリーで学び、巣立った子達を見てください。

という伝え方。

サドベリーを知ってもらう上で、どんな学校なのか
学校の理念を説明することが最も重要で大切なことです。
(本当はその理念に純粋に共感する人に最も来て欲しい)


その話の前に

「前人未踏じゃないか」とか

「学歴にならない」とか

深く考える以前にヒョイと弾いてしまう人が多いです。


この弾き方ならば卒業生たちが今まさに


”自分の人生を生きている”

 
その姿を見せるだけで、すぐに変えられると思います。

ちゃんとした大人の姿を見て
「あなたが受けた教育は間違っている」
なんて考えも無しには言えないからです。

そして…
教育とは、子どもとの関わり方とは、
何が良いのか、何が自分に合うのか。

たくさん考えてもらえるキッカケにでもなれば
嬉しいです。最高に面白いです。


OBがどんな人なのかを感じてもらいたくて
こんなイベントもやってます。
サドベリースクールOBOGによるクレイジーな夜会〜Second Season〜 | Facebook

 

イベント出演、講演依頼、単に会ってみたい!等
日本中どこへでも参ります。いつでも受け付けております!!