読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サドベリースクールの卒業生たちは今

サドベリーを出た人たちの今を記事にしたり、自分を生きるとはどういうことなのか、日々考えながら書いてます。

暇とは何なのか。分からないから始まること。

Mylife~趣味:自分と向き合う~

f:id:sussan:20160128095735j:plain

 

おはようございます。朝起きてフェイスブックを見たら
「1年前の今日」ってやつで去年の今日
僕がまだ西宮サドベリーのスタッフをしていたときのブログ記事が出てきました。

 

ちょっと良いこと書いてたので紹介します。
若いなとも思いつつ、当時考えていたことが蘇ってきたりしたので
過去を振り返るって大事だなと思いました。


こちらがそのブログです↓
スーザンブログ


_____________________

  • 新しく入学した子から耳にすることが多いことがあります。

    「暇だなぁ」という言葉です。

    時間割が無いというのは、何をすれば良いかは誰も教えてくれないということです。
    そもそも、その子が何をすれば良いかってことを誰かが決められるわけもないんですが。

    始めはやりたいこと、やるべきことがわからなくて迷ってしまうという状況にいる子がいます。

    ここで僕が思うのは、何をしていいかわからないというのは決してマイナスなことではなく、わからないからこそ考えることができるし、ちょっとでも興味を持ったことに気軽に挑戦していけばいいと思うのです。

    大人でも自分は何がやりたいのか、考える暇があまりない人がいるように感じています。全員が見つかればいいなんて軽んじたことは言えませんが、それは本来一生をかけて探していくものなのかもしれません。

 

コレ、本当は全員が見つかればいいと思ってたけど
まだハッキリと言えてなかったんですね。

 

  • 暇な時間や何かがわからないと感じたときって、不安や怖さを感じることもありますよね。
    しかしそれは悪いことではなく、あらためて自分が何者なのかというところから、もう一度考えてみるチャンスにもなりえるんじゃないかと思っています。

    新入生の子たちや長く在籍している子も何かをきっかけに、自分のコト、じっくりと考えてみてほしいなと思います。

_________________________

 

暇であることが良しとはされにくい環境が多いと思います。
そうしているうちに、暇が怖くなる。

目に見える何かをしていなくても、人は日々成長していくものです。

何かをしていなければいけないという思い込みから
一旦はさよならをすることで、始まることもあると思います。

~~さよならから はじまることが
            たくさん あるんだよ~~

そう、あの歌のように。