読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サドベリースクールの卒業生たちは今

サドベリーを出た人たちの今を記事にしたり、自分を生きるとはどういうことなのか、日々考えながら書いてます。

好きな色は何色?...学校だって選んでいい。


f:id:sussan:20160301233318j:image

 
 
僕は緑が好きです。その次はオレンジ。そう、僕の草野球チームの色です。
大好きなユニフォームです。カッコイイ。
最近野球ができてなくて、寒さに凍えながらもウズウズしているスーザンです。
 
 

選択肢が多ければ人々は違った色を選ぶ。

 
以前とあるセミナーで、講師の方が
 
「赤と青、どっちが好きですか? 
赤と青と黄色と緑とピンク、どれが好きですか?
 
2色よりも5色のときの方がみんな違った色を好んで選択しましたねー」
 
というワークを冒頭で行うとみんな、そりゃそうだろー、ワッハッハと笑が起こりました。確かに当たり前のように思います。
 
 

 

学校も選べるんです。

 
と講師の方が言うと、静まり返っていたのを覚えています。その後、教育制度のこと、法律の動き、新しい学校の存在を順を追って説明してくれました。
 
社会の動きや家庭環境も大きく影響はするかもしれませんが、そのときその子が学びたいことを最も叶えられる学校を選び学んでいくのが、自然な形だと思います。
 
大人がサラリーマンになったり、起業してみたり、自営業したり、新しい仕事や生き方を生み出している人もたくさんいます。
 
子どもも同じように、より自分に合った学校や、新しい学校を選んだり、そもそも学校へ行かずに自宅で学ぶ子だっていて当然だと思います。
 
自分の生き方を自分で選んでいける時代がもうきています。
 
自分に今何が必要で、どうアクションしていけばいいかは子どもだって考えてます。むしろ山のような思い込みで凝り固まってしまった大人の方が、自分に今何が必要かなんてわかってないかもしれません。
 
自分は何色が好きなのか?と同じレベルで、自分は今何がやりたいのか?ということを考えて選択すること、今からでも遅くはありませんよ。