サドベリースクールの卒業生たちは今

サドベリーを出た人たちの今を記事にしたり、自分を生きるとはどういうことなのか、日々考えながら書いてます。

子どもにとって最もよくないのは、大人が自分の観点でしか子どもを見ないこと。

こんにちは。スーザン (@HunterSussan) です。

 

「子どもにとってこれは害悪だ!」と叫ぶ人がいます。「子どもの可能性を広げなければならない!」と頑張る人がいます。

 

それ自体は間違いじゃないけど「そう考えるのと同じように・違うように、子どもも考えているかもしれない」ということを忘れて自分の観点でしか見ていないと、むしろその発言や行為自体が害悪になり、3つの選択肢を与えて可能性を広げているつもりが逆に3つに絞られてしまったともいえますし、可能性を狭めてしまうことになりかねません。

 

僕がサドベリー生徒の頃、生徒は最少のときは4人、学校は3K(6畳3部屋)の校舎で運営されていました。とある話し合いで「子どもにとってよりよい環境のために、音楽室があって、図書室があって、図工室が、大きなキッチンが、広いグラウンドが、大自然の中で、様々なことを教えられる多彩な人材を、色々あったら子どもの可能性が広がるよね~」的な話が大人から出たことがあります。

 

これ、間違いじゃないとは思うんですけど、当時の僕は、今出た話、日々僕が考えて必要なら必要な分だけ揃えてるので、用意しなくて大丈夫です。って言ったんです。 

 

twitter.com

 

どれだけ素晴らしいと思える観点であっても、それは一つの観点に過ぎなくて、そのときのその人にマッチングするかは分かりません。

 

サドベリーでスタッフやってると、すごい学校だなって思うこともあるんですけど、もしこれがあらゆる子どもにとってベストだと思ってしまったら、僕は教育から離れるつもりです。

 

子どもには大人と同じように、それが自分にとって害悪かどうかを判断する権利があり、自分の可能性を否定しないで生きていく力があるとも思います。

 

おわりに。

害悪だ!ではなく、こんな説もあるよ。とか。可能性を広げなければ!ではなく、こんなやり方もあるよ。とか。そんなので十分じゃないですかね。

 

あとは全部子どもに委ねる。委ねるというか、生まれた時点で全ての権利を持っているはずなので、不要に奪ってしまうということをしないこと。

 

大人が自分の観点でしか見ないで子どもと接するというのが、子どもにとって最もよくないことなんです。