サドベリースクールの卒業生たちは今

サドベリーを出た人たちの今を記事にしたり、自分を生きるとはどういうことなのか、日々考えながら書いてます。

何が学校やねん。

 
 
ようやく日本にも色んな学校が増えてきました。
 
色んな価値観や思想が教育を生み出そうとしていて、何を持ってして学校なのか、よく分からないこともあるかと思います。
 
僕が通っていたサドベリースクールは、当時生徒が5、6人で…校舎は3K(6畳3部屋)の普通の民家でした…何が学校やねん!笑
 
見た目や他人の価値観で何が学校やねんと言われようが、僕は通いたかったし、学校だと思って通っていました。 
通いたい理由は、何もない自由な環境で、自分の人生を考えたい、自分と向き合いたいから、でした。
 
法律上の学歴にはなりませんが、僕が学んだことの歴史は語ることができます。
そして今、サドベリースクールに通えたことを良かったと思っています。
僕はサドベリースクールが良かったけど、何が良いかは人それぞれ違います。
 
僕が思う学校とは、学びたい人が、学びたいときに、学びたいことを、学べる場所です。

生きていること、その全てが学びであり、形が学校でなくても、地球全体が学校となり得ると思っています。
 
みなさんにとって、学校とは、どんなものですか?