サドベリースクールの卒業生たちは今

サドベリーを出た人たちの今を記事にしたり、自分を生きるとはどういうことなのか、日々考えながら書いてます。

「子どもの頃の記憶」~人として当然の権利~

こんにちは。スーザン (@HunterSussan)  です。

 

連載企画「小学校編」を書いている途中で、別のことが書きたくなったので番外編として書きます。

 

「子どもの頃の記憶」~人として当然の権利~

みなさんは子ども時代の記憶がどれくらいありますか?

楽しかったこと、嬉しかったこと、恥ずかしかったこと、嫌だったこと、辛かった、苦しかったこと。色々ありますね。

僕は小学校ではかなりの優等生(大人に怒られることがないという意味で)だったので、ほとんど怒られたことがありません。そもそも僕の行ってた小学校はかなり平和で良い先生も多かったんじゃないかと思います。

それでも僕は、2年生、4年生、5年生のときの担任の先生にそれぞれ一度だけ怒られたことを鮮明に覚えています。ついさっきの出来事のように覚えています。

2年生の時は、ベルマークの回収日かなんかで、僕が忘れてきたんですね。そしたら「ふざけてんのか?…しっかりせぇ!!」とかなりの剣幕で怒られました。

4年生の時は、先生が忙しくてイライラしていて、日直だった僕が様子を伺っていたら「鈴木!日直やろ!仕事せぇ!!」と八つ当たり気味に怒鳴られました。

5年生の時は、プールに入るのが嫌すぎて(水中で鼻呼吸しちゃって水を飲みまくるから)、頭を掻きむしっていたら皮膚が荒れて皮膚科に【プール入れません証書】を貰ったと話したら「まさか、サボりたいから言うてるんとちゃうやろうな??」と威圧されました。

 

しかし関西弁は聞こえが悪いな…笑

 

全部めちゃめちゃ鮮明に覚えてます。当時はかなりショックを受けましたね。でもこれは一方的に先生が悪いとも、もちろん僕が悪いとも思いません。その人たちもとても良い先生な部分もありました。誰でも忙しい時はあるし、たまたま言っちゃったのかもしれない、たまたま僕が大きく反応しているだけかもしれない、覚えてないけど怒られてたこともあるかもしれない。相性であり、偶然です。

 

だから、一つ一つの出来事に良い・悪いという評価をするつもりもない(できない)んですけど、子どもの人としての当然の権利について、子どもに携わるすべての人に踏まえていただきたいことがあります。

 

家庭でも学校でも会社でもそうなんですが、「誰かが偉いから、従わなければならない」というのは民主主義の国において有り得ないことです。人はこの世に生まれた時から、好きなことを好きだと言い、嫌なことを嫌だと言う、言論の自由を持つ権利があります。行きたい所へ行き、行きたくない所へは行かない、行動の自由を持つ権利があります。

 

これは大人にとっても同じことで、つまりすべての人に、やりたいことをやって、やりたくないことをやらない権利があります。うるさい!黙れ!とか言って黙らせたり、「躾」とし称して手を上げるのは人権侵害なんです。

 

今の社会(学校)は、これらの権利が執行できない状況に溢れているなと感じます。忙しいから、お金・時間がないから、めんどくさいから、これが絶対に正しい(間違いだ)から、どうしたらいいのかわからないから…

だから人が人を否定する権利なんか無いのに否定しちゃったりするんです。自分で自分を否定することなんてできないのに自己否定しちゃったりするんです。意味も分からず否定して、必死に肯定肯定!って言ってセミナーやカウンセリングに足繁く通うんです。

ありとあらゆる思い込みと不安を抱えて、みんな生きているなと感じます。こうでなければならないが交差して重なると、最悪の場合、互いにナイフを突き付け合いながら折り合いを付けて生きている人もいるなとさえ感じます。

 

権利がない状況を作っている責任は、先生だけでも親だけでも、先の世代だけでも今の世代だけでもないと思います。大人だけでもなく、もちろん子どもだけでもありません。言い換えれば、社会全体の一人ひとりに責任(を担って変えていける部分)があると思います。

前述の思い込みや不安は、すべてが人生の中の一要因なので、もういくらでも選び直したり変えたりもできるし、ひしひしと味わったり忘れちゃったりすればいいんです。

 

学校教育に問題があるから変えるとかじゃなくて、生きとし生ける人々みんながそういう意識を持って社会を作っていくことができたら、必然的に学校教育も良くなっていくんじゃないかと僕は思っています。

この子どもの人として当然の権利を、侵害してしまう可能性があるかもしれないし、逆に100%侵害していないということも有り得ないかもしれない。ということを踏まえて、自戒を込めて、これからも携わっていきたいです。