読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サドベリースクールの卒業生たちは今

サドベリーを出た人たちの今を記事にしたり、自分を生きるとはどういうことなのか、日々考えながら書いてます。

スタッフとはなんたるか。

Staff~スタッフとして思うこと~

 

※信じると危険な超主観です。

 

サドベリーのシステム上(僕が思うには)、ルールをその時々に合わせてより良く更新し続けていくように、スタッフ陣営もより良く更新し続けていくために毎年選挙(なり何らかの検討)をするべきだと思います。

 

そう思うと、サドベリースタッフに安定など無い。言い方を変えれば、僕はいつまでもフラフラしている。

 

それを言えば、そもそも世の中に完全に安定している職業などないし、安定=収入というだけの考えで人生そのものが安定しないと本末転倒する。何のために生きて何のために死ぬのか分からなくなる。

 

ただ、スタッフ選挙をしたとしても僕はそんじょそこらの人には負けるつもりはないし、かと言って普遍的に誰にとっても価値があるスタッフというのもあり得ないから生徒のニーズが違ってきてクビになるという可能性は全然あると思ってる。

 

今の八ヶ岳サドベリーをクビになってもサドベリースタッフはやりたいから、他のサドベリーに行きます。必要とあらば、そこのスタッフを蹴落としてまでも。

 

そういうとこは日本よりはアメリカっぽいというのかな、何年も続けてるからこの人にしようとか好きだからとかクビにしたら職失うとか、情ではなくて、本当にスクールとして価値が一番高いスタッフを随時検討してく必要があると思う。スタッフちゃんと雇わないとスクールがつぶれるかもよってとこも生徒が考えるべきところ。

 

逆にクビにされたら困るとか言うスタッフはもう死んでると僕は思ってて、他の仕事はできなくてサドベリーでしか働けない人はちょっと相応しくないなと思う(公教育が嫌だからスタッフするとか、そんな人はおそらく生徒が必要としません)。サドベリーが好きでサドベリーでしか働きたくない人が雇われなかったらドンマイって感じ。

 

ドライと思う人もいるかもしれないが、これが僕は至極当然のことだと思う。だって、生徒のための学校だから。その時に最高のスタッフを雇い続けた結果毎年変わるかもしれないし、長く続くかもしれない。ただ、僕が見る限りやはり優秀なスタッフは雇われ続ける。そこは生徒が一番見る目がある。選挙で17年間選ばれ続けてる西宮のぐら然り。

 

雇うからには、社会人としてまともな給与は支払うべきで、家庭を持っても暮らせる額。それだけ出さないと逆に妥協せざるを得ないような人しか集まらないとも言える。 

 

家庭を持っても暮らせる額ではあるけどいつでもクビになってもいいことが条件だから終身雇用とかはあり得ないし、もしクビにされたら暮らせない生きてけないような人はそもそもスタッフをすべきではない。

 

サドベリーのスタッフなめんなよ!!!って話です。