読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サドベリースクールの卒業生たちは今

サドベリーを出た人たちの今を記事にしたり、自分を生きるとはどういうことなのか、日々考えながら書いてます。

クレヨンしんちゃんを子どもに見せたくない理論。

Sociaty~社会に思うこと~

こんにちは。スーザン (@HunterSussan) です。

 

僕は子どもの頃からクレヨンしんちゃんが大好きでアニメも漫画も見まくっていましたが、いつ頃にか「子どもに見せたくないテレビ番組ランキング」みたいなのがあって、ワースト1位とかって言われてたことがありました。

 

常にお尻を出している、ウンコぶりぶりとか言う、年上のお姉さんが大好き、汚い・品が無い、悪影響だ、などの酷評をされていて、僕はえぇー!こんなおもろいのになんでやねん!と思ったのを覚えています。めっちゃええ話多いし。

 

お尻を出すのが悪影響で真似されたくない…って我が子がそんなことすらも判断できないと思っちゃうんでしょうか。ただ親が気持ち悪い・不快で見たくないだけかもしれませんね。だからって子どもに見ないことを強制するのは本人の権利の侵害です。自分と違う価値観を尊重して話し合うしかないはずです。

 

ってしんちゃんで例えると、そんなことする親って馬鹿なんじゃないのー?って笑い話にもできそうです。モンスターペアレント然り、そんなことも受け入れられないなんて、という話ですよね。それなりに少なくない人が分かりきって理解できると思います。

 

これ、しんちゃんじゃなかったらどうなんでしょうか。例えば…ゲームとか。学校に行かないとか。勉強しないとか。プロボクサーになるとか。不愉快な異性と交際するとか笑

 

親にとっては不安になることや考えられないようなことを子どもが選んだとしても、すべてにおいて、一意見として私はこう思うと伝えたりやめてほしいんだけどどうかな?と交渉することはできても、親に決める・止める権利はないんです。

 

子どもの権利を奪ってしまう行為は、クレヨンしんちゃん見ちゃダメ!って言ってるくらい顕著なので、親のエゴや不安をこれからは「クレヨンしんちゃん症候群」と呼びたいと思います。

 

おしまい。