サドベリースクールの卒業生たちは今

サドベリーを出た人たちの今を記事にしたり、自分を生きるとはどういうことなのか、日々考えながら書いてます。

サドベリーは「安心・安全」の場なのか?

昨日のやり取りからまた少し掘り下げてみたことをまとめてみます。

 

 サドベリーは「安心・安全」のある場だという人もいてます。逆に、荒野のよう、ジャングルのよう、雪山のよう、という人もいてます。

 

何が起こってるのかというと、「学校(公立校)に行かなくてもいい、勉強しなくてもいい。」「何してても評価されない=受け入れてもらえる。」という勘違いから捉え違いが生まれていると思います。

 

これは公立校の価値観の呪縛から逃れたいのとサドベリーを混同すると起こることなのかなと思ってて、ただ逃れるだけでいいならサドベリーでなくてもいくらでも方法はあります。

 

サドベリーは、どんな価値観も人の数だけ存在し誰にも優劣を付けることなどできない。自分が望み行動すればどんなことでも叶えられるかもしれない。というこの世界の前提がそのままスクールにあるだけ、というイメージを僕は持ってます。

 

ということになると、勉強しなくてもいい、受け入れてもらえる、安心・安全、という事実は無数の価値観のうちの一つの側面なんです。見方によってそうでもあるしそうでもないよと。

 

サドベリーの良さは、子どもが100%信頼されていることです。本人の自由にどこまで責任を持つ持たないを決められることです。

 

大人に何かを強制されることがない。とかも、もはやサドベリーでなくてもいくらでもある話で、サドベリーはむしろ、強制されることがあります。大人が一方的にというのはデモクラティック文化が成り立っていればあり得ないはずですが100%信頼された生徒達のミーティングがすべてなので、そこで決まったことには従わなければなりません。

 

僕の生徒時代だけでも、ミーティングを強制参加にする。スクール休むときは午前中までに電話を入れる。イベントは全員参加にする。掃除は各人が担当を持つ。等々色んな不自由かつ不条理な決定をしたこともありました。

 

世の中に100%などないかもしれませんが、責任を取れば取るだけより100%に近い自由になっていけます。強制参加が嫌ならミーティングに意見を出して変えられますが、出さなければ従わざるを得ない。安心・安全な場というのは自分で確保するもので、その人個人が結果的に思うことなんです。