サドベリースクールの卒業生たちは今

サドベリーを出た人たちの今を記事にしたり、自分を生きるとはどういうことなのか、日々考えながら書いてます。

日本のサドベリーのパラドクスについて。

 

サドベリーのパラドクスを見つけました。

上手くはまとまっていないんですが書きます。

 

子どもに「自由な場を作る」という意識でやってるスクールなり大人の人は、「世の中は不自由だから」という前提を暗に作っているのではないかと推察します。それにより目的が「不自由から自由になること」が第一となると、世の中に不自由を感じている人が集まるんです。日本が「民主的じゃないから民主的な場を作る」もそう。

不自由を感じている人というのは、もっと本質的には「不自由を感じていたい人」なんだと思うから、自由になるとそれが怖くてまた何らかの枷を探します。実はそれらの民主主義が嫌いな人が集まってしまっていて、そうするとサドベリーの要であるスクールミーティングが成り立たちません。フラットに話し合うことに抵抗が少なからずあるからです。

もうちょっと主観的な感じでいうと「世の中って不自由だなぁ、サドベリー入ってみよ、へぇー自由じゃん、でも責任負うのはめんどくさいから不自由でいいや。」で自由を避けていくんです。

 

とにかく、自分が不自由だから自由を求めているような人が集まる場になっていると「解放」という意味での自由が強くなります。自分だけがやりたい放題できればいいけど、サドベリーでは自分だけの自由(好き勝手)は意外とすぐに終わるので、それができなくてもどかしい日々を過ごすだけになります。

無論そういう人がサドベリーに向いていない、と決め付けることもできません。一人ひとりが多様であるからには当然色んな人がいます。それが多すぎたり偏りすぎると、場のフラットさが保たれなくてぐらぐらするんだと思うんです。

 

元から自由に生きていて、さらに自分のやりたいことを追求したい(とにかく遊びまくりたい、やりたいことがないから考えたいとかも含め)ような人がサドベリーには最も向いているのではないでしょうか。「世の中は不自由だ」と思っている人にとっては深いところで最も厳しい環境になってしまっているのかもしれません。

本当は「自由である」と思うのも「不自由だ」と思うのもフラットであるべきなのがサドベリーだと僕は理解しているので、不自由や民主的でないのがよろしくないなどという前提を作るということは、「子どもに対して自由や民主主義を押し付けている」のであります。

 

それが、サドベリーのパラドクスです。特に昨今の「サドベリーを作りたい!いぇーい!」とテンションが上がる大人を見て…よくよく思います。

 

社会でできなかったことをサドベリーでやろうとするからパラドクスに陥る。それは、サドベリー=社会だからなんです。

 

 

おわり。