サドベリースクールの卒業生たちは今

サドベリーを出た人たちの今を記事にしたり、自分を生きるとはどういうことなのか、日々考えながら書いてます。

子どもの学びは数えきれない。

こんにちは。スーザン(@HunterSussan)です。

 

先日「学力とは学ぶ力である」という記事を書きましたが、それでは次に「学びとは何なのか?」ということを書いてみたいと思います。

 

「自ら進んで勉強するようになるんですか?」ということサドベリーのことを聞いた人や見学の人によく聞かれます。何か聞いてくれたときは僕はそこに問いを立てるチャンスだと思うので「勉強って何?学びって何?」という話をしたりします。

 

勉強、学習、というと主に小中学校や塾などで行われる机に座った授業形式のものや、それに伴う自習などがイメージされるでしょうか。

 

「学力」の記事と同じことを言いますが、勉強や学びは大人には存在しないものでしょうか?そうではありませんね。学力のときより分かりやすく、大人も勉強したり学ぶことはあることはお分かりいただけるかと思います。

 

ここで仮に、「大人・子ども」の区別を一旦無くしてみるとします。一人の人間として考えると、他人の行為に対して「あの人は勉強してるからよく学んでいる」とか「この人は遊んでいるから何も学んでいない」と一方的な善し悪しを決め付けることはできないはずです。自分の中だけではそう解釈したとしても相手にそのまま押し付けることはできないです。

 

具体的な例えをいくつか出します。

「小さい頃から遊びのつもりでゲームをやってきたことが大人になってから仕事にできて、あの頃の経験が学びになっていたと気付いた。」

「皆でサッカーをしている中、一人は本気でプロを目指しているからどんな練習もプロになるための勉強だと思っている。一人は皆でやるのが楽しいだけで遊びでやっている。」

「歴史に興味を持った子が本を読み漁ってるのを見た周りの大人が、とてもよく勉強しているじゃない♪と解釈しているが本人は遊び感覚で楽しくどんどん読み進めてる。」

 

3つ出してみましたが、今と未来で理解が変わることがあったり、隣で同じことをしていても人によって全く違った心持ちだったり、本人の気持ちと他人の解釈が異なっていたり、、、いくつかの要因があることが分かりますが、勉強、遊び、学び、と一言で判断しきれないほど、色んな角度から見た理解と解釈があります。

 

ここで僕の現時点での答えを書きますが「学び=経験」と考えます。

 

ここでの経験には、ゲームや教科学習、スポーツや音楽、会話してたりぼーっとしたり等の何かを経験してるときや、何もしてなくても「何もしない」という経験を経ているということで、人生のすべてを含みます。

 

経験=学びとすると、人間には「今この瞬間は何も経験していません」という時間は存在しないと思うので(悩んでるときは悩みを経験しているし、寝てるときは睡眠を経験してるみたいな)、「何も学んでいない」ということは有り得ないということになります。

 

理屈っぽくなってきた気がしますが、人は楽しんだり悲しんだり、喜んだり憤ったり、上手くいったりいかなかったりして、経験したことのすべてを糧にしてその後に活かしたり活かさなかったりするのが人生であると思います。

 

まとめると、どんな経験も糧にできる可能性がある以上「経験=学び」で「学んでいる=生きている」なのです。タイトルではあえて「子どもの」と書きましたが、大人の学びも全く同じですね。

 

ここまで考えていると、小中学校などで行われている教科の学習はごくごく限られた観点での勉強であることが分かります。ゲームをやりまくるのと同じく、無数にある人間の、もはや学びというのが相応しいかも分からない営みの中のたった一つの出来事です。

 

何事も、人によって価値があるかもしれないし、ないかもしれない。その価値を評価するのは、他でもない、本人がすべきことではないでしょうか。

 

 

おわり。