サドベリースクールの卒業生たちは今

サドベリーを出た人たちの今を記事にしたり、自分を生きるとはどういうことなのか、日々考えながら書いてます。

毎年各地のスクールを巡って思うこと。

今年で4回目になる「全国サドベリーツアー」が終わりました。

 

ツアーで訪問させてもらったり、仕事の関係や個人的にも各地のスクールを訪れることが多い僕ですが、今思っていることをまとめておきます。

 

各々のスクールが同じような理念で運営されていて、「ミーティングがあります。ルールはみんなで決めます。一人一票の権利があります。」などと、大枠はほとんど全く同じシステムなのですが、集まる人によって本当に全然雰囲気が面白いほど違います。違いすぎます。ですので一つや二つのスクールを見たり聞いたりしたくらいで「これがサドベリー、デモクラティックスクールか!」と理解した気になるのは時期尚早と思います。

 

それぞれのスクールが違っていいね!というよりは、人によっては明らかに面白いスクールと面白くないスクールと分けられちゃうような、上位互換になってると思うので、正直なところ同じ名前でも同じスクールとは思ってほしくないくらいです!ただの個人的な感想ですが。笑

 

では何が違うのか。スクールの校舎の大小、所在地が都会だったり田舎だったり、設備や備品が整っているか、スタッフや生徒の年齢性別の割合、そんなことは一長一短、皆で自由に決めれば何だっていいことです。

 

他のスクールを訪問させてもらうと、いつも色んな疑問や違和感を抱きます。これが少ないスクール、誰の目にも分かりやすいスクールほどに成熟度が高いなと思うのですが、「なぜこんなルールがあるのか?ミーティング決定の根拠が浅はかではないか?さっきのスタッフの在り方は本当によいのか?」など思うことがあります。

 

これ自体はむしろ良いことで、色んな視点から見て分かりやすいスクールにするために、より良くできる可能性、改善点を見つけたとも言えるからです。それに他のスクールを見ることで、自分が今いるスクールに活かせることも多々あるので僕もそうですが、正しい批判は本来歓迎すべきことなのです。

 

ここでひとつの説を立てたいと思います。「サドベリースクール、デモクラティックスクールの質の高低は、普段の会話、公式な議論(ミーティング)の質によって決まる。」

 

僕が多少の疑問や違和感を抱くくらいなら僕がおかしいだけの可能性も大いにあるのでそんなに問題ではないのですが、何度も見させてもらっていると、正直なところいち場面にすぎませんが、ミーティングが成り立っていない、日常会話がうわべなので本音が言いにくい、状況が生まれているところもあるなと思います。ルールが決まっているのに守らない、守らない人を見ても黙殺する。という場面も見ました。

 

公式なミーティングで必要だから決めたルールを守らない、ルールの存在そのものを無視するという私的行為を許してしまうのは、「ルールで決まっているけど今いるメンバーが良ければそれでいい。」ということ。これは公私混同で、民主主義を履き違えているのではと思います。

 

ただ、デモクラティックスクールの良さは、いつなんどきでも、より良くすることができることです。問題があれば改善できる。一つの不自由を見つけたその時は不快感やめんどくささがあっても、それを自由にできればより多くの自由を保証できるということです。

 

これだけ各地のスクールにお邪魔させてもらっているので、よくも悪くも表も裏も知りつつあるので、せっかくなので各スクールがより良くなったり自分にも活かせるように色んな意見交換をしていきたいです。

 

みんな違ってみんないいとか、正しい・間違いは無いとか言うのは簡単ですが、どちらかの方がより良い可能性は?組み合わせてまた違う案は生まれないか?そもそも本当に違うのか?ということをきっちり話し合い理解し合ってこそ言えることなはずです。その会話を疎かにしている人は、互いを認め合うというよりは、核心に触れないようにしてるだけかなって思います。

 

ミーティングの分かりやすさもそうだし、普段の会話からちゃんと言いたいことが言えているかどうか。抽象的ですがスクールの日常を見れば分かります。外部の人にも雰囲気は伝わります。

 

この社会が良いか悪いかはおいといて、どんな環境でも自己主張をできる人間になれるのが、デモクラティックスクールの良さだと思うので、せっかく通うなら形だけの自由じゃなくて本当の自分を生きる経験を積んでもらいたいです。

 

ちなみに人づてですが、ボストンのサドベリーバレーには「ルール違反を目撃したら注意する義務」「注意を守らなければミーティングに報告する義務」があるといいます。これは自分の自由&責任だけでなく場の自治にも全員が責任を持って関わるということ。仮に、各地のスクールを一人の人として考えて、日本の「デモクラティックスクールネット」一つのスクールとして考えるとする。そうすると、ちゃんとサドベリーやってないスクールには注意する義務があるし、守らなければミーティングに報告する義務がある。そこまでいくと質も上がるよなぁ。

 

書いていたら延々続きますねこれは。本当に奥が深いなと思うので、サドベリースクール、デモクラティックスクールに関心がある方はぜひ僕とこんこんと語りましょう~。