サドベリースクールの卒業生たちは今

サドベリーを出た人たちの今を記事にしたり、自分を生きるとはどういうことなのか、日々考えながら書いてます。

正しいことは無い?

自分の考えを整理したいので、久しぶりに更新します。

 

関西へ帰るバスの中、最近ハマっている第5人格という鬼ごっこのゲームをしてたら酔って気持ち悪くなりましたが、意図的に寝ることに成功して事なきを得ました。いやぁあの新潟→佐渡のフェリーで吐き気満々になっても寝れたときを思い出す。まだまだ体が健康ということでしょうかね。

 

前置きはこの辺で、教育関係や他の色んなことについてもよく言われてる「正解は無い」「何が正しい間違いは無い」という発言。本当に何が言いたいのかはその人に聞かなわかりませんが、いい言い方ではないかなと思います。最悪そこで思考停止してるのではないかとも。
 
僕も言ったことはありますが、なんとなく「これ以上考えたくない、考えが及ばない」という意味合いなのかなと思います。「色んな意見があるけど、どれもいいよね、正解は無いね」みたいな。

 

責任を持ちたくないから保険をかけてるようにも思いますが、正しいと決めつけられないのと同じように、正しいはないとも決めつけられないと思います。本当に正解が無いと思えるならどこか現実的ではない話になっているのかもしれません。
 
僕は、今目の前に直面しているテーマや人や社会にとって、細かい時と場合による正しさを考えて話し合う必要はあるし、正しいと決めつけられると思ってます。実際には中々そこまで話し合えないこともありますが。 
 
話し合って正しさを決めきれないときはあるかもしれませんが、それでも今後一切正しさを決め得る余地が無いと言い切れるとは思えません。 
 
もちろん正しいと言うからにはそれ相応の根拠が要るし誤りがないか常に考え更新し続けなければいけません。それでも、正しさを探していく姿勢は人として必要不可欠ではないかと思います。